ママぷろ!-ワーママのてんやわんや!

2児の母でプログラマのワーママが、夫を主夫にするため日々試行錯誤中!

【ワタクシゴト】ワーママが体調不良で寝込んだら、我が家の問題点が見えてきた

完全なるワタクシゴトではありますが、
ここ最近の体調が思わしくなく、しばらく色々病んでおりました。
 
まぁ仕事には行っていたのですが、
1日中続く頭痛と、めまいと時折吐き気という症状で
なかなかにつらい毎日を過ごしました。
 
40代になってくると、身体機能の低下が著しいものでして、
一旦体調を崩すと復調する間にやたらと時間がかかるのです。
 
結局、10日間くらいかかってようやく現在は復調してきたかなというところです。
 
 
この体調不良の10日間で、
フルタイムワーママが体調不良に陥ったときに起こる困り事や、
やっておけば良かったと後悔したことがいくつかありました。
 
我が家での今後の教訓とともに、
頑張っていらっしゃる皆さまの備えになればということで、
徒然と書いてみたいと思います。
 

 

我が家の状況

 
まずは我が家の状況から。
 
家族は現在6人

  • ナナコ :フルタイム会社員、基本定時帰宅(17時)
  • 夫   :フルタイム会社員、業務多忙でほぼ毎日残業(帰宅19時)
  • 息子1 :小学1年生、学童保育
  • 息子2 :保育園年中組
  • じぃじ :フルタイム会社員、帰宅18時
  • ばぁば :パート社員、帰宅18時(じぃじの車+電車通勤)

家事は基本的にナナコがやっています。
炊事、洗濯、風呂(義両親は基本夕食は別)
子供の送迎は、朝の保育園は夫、帰りは2人ナナコ
 
義両親は朝2人で出勤して2人で帰ってくる。
食事は時間が合えば一緒にするけど、食べるものは別スタイル。
我が家の生活には基本あまり干渉してこない。
洗濯も別。

 
現状はこんな感じです。
 
 

フルタイムワーママの1日

日常の状態と体調不良時の状態で、
実際に1日の家事育児の量はどれくらい違ったのでしょうか?
体調不良(動けないほどではない)場合に、どれくらい休めたのでしょうか?
 
平均的な日常の状態と比較してみます。
 

日常の1日の家事育児

 
【朝】
~6:15 起床(夫、子供はまだ就寝中。義両親は自分たちの身支度中)
~6:20 昨晩しかけた洗濯物を乾燥器から取り出して畳み→仕分け
~6:25 息子1の朝ご飯の準備(基本シリアルかパン+スープ)
~6:30 息子1を起こす
~6:45 朝ご飯を食べさせながら、洗濯物の片付けの続き
~6:55 食洗器の食器片づけ、
    シンクの洗い物処理(昨夜の片付け後に出たコップ類+ナベとか)
~7:10 息子1を急かして準備させつつ、息子2と夫を起こす
7:15~ 息子1を登校の待ち合わせ場所へ送る(徒歩)
~7:20 帰宅
~7:40 自分の身支度、朝食、息子2の保育園準備
~7:45 息子2を夫に託して出勤


【日中】
8:00~17:00 通常勤務


【夕方】
17:15 息子2保育園お迎え
17:30 息子1学童お迎え
17:45 帰宅
~18:20 夕食準備、義両親帰宅
~19:15 夕食+お風呂掃除、夫帰宅
19:30~ 順次入浴(息子1は1人、息子2はナナコと)
     +食器片づけ+洗濯予約
20:00~ 自宅学習の見守り
20:45~ 子供就寝
 

以降、フリータイム
持ち帰り仕事したり、学校や保育園の書類かいたり、
ネットスーパーで買い物の準備したり(注文は日中)
 
何もないときはゲームしたりもできる。
 

普通の日の1日はこんな感じ。
朝と夕方のバタバタ加減がひどい。
 

体調不良の1日の家事育児

 
【朝】
~6:15 起床(夫、子供はまだ就寝中。義両親は自分たちの身支度中)
~6:20 昨晩しかけた洗濯物を乾燥器から取り出して畳み→仕分け
~6:25 息子1の朝ご飯の準備(基本シリアルかパン+スープ)

~6:30 ようやく起床、息子1を起こす
~6:45 急いで朝ご飯を食べさせながら、洗濯物の片付けの続きぐったりする
~6:55 食洗器の食器片づけ、
    シンクの洗い物処理(昨夜の片付け後に出たコップ類+ナベとか)

    食器片づけ放棄

~7:10 息子1を急かして準備させつつ、息子2と夫を起こす
7:15~ 息子1を登校の待ち合わせ場所へ送る(徒歩)
~7:20 帰宅
~7:40 自分の身支度、朝食、息子2の保育園準備
~7:45 息子2を夫に託して出勤


【日中】

8:00~17:00 通常勤務
変わらず。
昼休みに寝て体力回復をはかる。


 
【夕方】
17:15 息子2保育園お迎え
17:30 息子1学童お迎え
~18:00 スーパーかお弁当屋さんで夕食のおかずを入手してから帰宅
17:45 帰宅
~18:20 夕食準備
、義両親帰宅
~19:15 夕食準備しつつ、お風呂掃除を息子1に依頼、夫帰宅
19:30~ 順次入浴(息子1は1人、息子2はナナコと)
     +朝の残りの食器片づけ+洗濯予約
20:00~ 自宅学習の見守り 1人でさっと入浴+洗濯予約
20:45~ 子供就寝
 
以後フリータイム
明日の準備をしつつ、提出の近い書類などだけ片付け、
寝る
 
 
はい、こんな感じ。
通常時と、体調不良時で、変わったところは打ち消し線か赤字にしてみました。
 
 
お分かりいただけたでしょうか?
 
 
体調不良時でも家事の総量があまり変わっていないことに。。。
 
 

体調不良時に省けた家事

 
 
今回の体調不良は、動けないほどではありませんでしたが、
体調不良中の家事育児仕事をしているほぼ全時間帯で、
頭痛と吐き気とめまいに襲われています。
 
そんななか、省けた家事はどれぐらいあったでしょう。
 

省けた家事
  • 朝早く起きること
  • 朝の洗濯物片付け
  • 朝の食器片づけ
  • 夕食の準備
  • お風呂掃除
  • 息子2のお風呂
  • 自宅学習の見守り

こうやって書きだすと、ある程度省けたように見えますが、
実際は、やらなかった朝の洗濯物の片付けは翌日以降に持ち越されただけ
とりあえずカゴに一時退避してあっただけで、結局まとめて後日やりました。
 
朝の食器片付けは、夕方に持ち越されて夕方まとめてやりました。
 
 
夕食の準備は放棄しましたが、子供2人連れての買い物の負担が増え、
お風呂掃除は、息子1がやってくれ、
息子2のお風呂と、自宅学習の補助だけは夫に任せられました。
 
 
結論から言うと、体調不良時でも家事育児仕事の負担はたいして減らせないのです。  
 
この状態が10日間ほど続いたので、やたらめったらツラかったです。
(間に挟んだ土日は溜めた洗濯物以外はガッツリ休みました)
 
 
なので、今後のためにもこれはもうちょっと、改善しないといけないなと思った次第です。
 
 

フルタイムワーママが体調不良時の負担を減らすために

 
共働きなのだから分担だ!などとなんだかんだ言っても、
大抵の家庭では現実的に家事育児のメインはママです。
そのママが体調不良になったとき、家庭のことが何も回らないのでは大変です。
 
今回の私のように、体調不良を押して家事育児をしなくてはならず、
ゆっくり休めないために回復までも時間がかかってしまったりもしますね。
 
そんなママたちの負担を減らすためにはどうしたらいいでしょう。

 

やっておけば良かったと思うこと

 
とにかく今回の体調不良時に、これだけはやっておけば良かったと実感したこと。
それは
 
家族に物の定位置(在り処)を教えておくこと
 
と、
 
基本的な家電の使い方を夫に教えておくこと

でした。
 
体調が悪くて洗濯を頼みたくても、
ドラム式に変えてから夫が洗濯をしたことがなく、

  • 洗剤はどこにあってどれを使えばいいのか
  • 洗剤を入れる量
  • 洗濯の設定はどうすればいいのか

などの基本的なことが分かっておらず、説明するのもしんどくなって
結局自分でやるという状態に。

食器洗いも、食洗器の使い方が分からず、夫に頼むと全部手洗いするので余計面倒に。
 
反対に風呂掃除は、息子1に夏休みの宿題としてやってもらっていたので
しっかり任せることができました。
 
 
その他にも、食材の場所であったり、
消耗品の場所であったり、
書類の扱いであったり、 とにかく何かを頼むと倍の質問が飛んできて
それに対応しなければならないというシンドさ。
 
「ああ、これが名もなき家事というものか。。。」
としみじみ思ったりしたものです。
 
 
我が家の夫の場合は、育児はばっちりお願いできます。
なんなら、私よりも子供の扱いは上手です。

しかし、ほぼ一切の家事を頼むことができないのです。
 
同居なんだから義母に頼む、とかもあるのでしょうが、
我が家の場合は、義母は超が付く家事下手。
そして現在、長距離通勤なので帰宅するころには義母も疲労困憊。
休みの日は食器洗いなどやってくれますが、
平日は頼りにくいのが現状です。
 
そんな現状を踏まえて、改革に乗り出してみました。
 
 

ママの負担を減らすためにやっておきたいこと

 
 
まずは何はともあれ、今回の事で後悔しきりだった件についての対応をとります。
 
物の定位置を分かりやすくするために、
収納に何が入っているかをラベリング
とりあえずは、マステに手書きで貼ってみました。
 
ついでに収納の整理と見直しもしたいので、暫定対応です。
 
 
そして、夫に食洗器と洗濯機の使い方を伝授。
といっても、やったことがないというだけで機械については
私より数段上なので、さらっと教えて終了。
 
この手間を惜しんだばかりに、今回の大惨事になったことが悔やまれてなりません。。。
 
 
それから、まだ始めたばかりですが、
夫と息子1に簡単な料理を教え始めました。
 
夫には、土日のどちらかの夕方に一緒にキッチンに立ってもらって
教えながら作ってもらっています。
息子1は、本人が料理に興味を持っていたので、
夫が簡単なチャーハンや目玉焼きなどから教えるそうです。
 
息子2はまだ、IHとはいえ火を使うのは危ないので、
サラダやあえ物を手伝ってもらっています。
 
ママが元気な時は子供たちも遊び感覚なので、
戦力になるわけではありませんが、
今回のように長い期間、体調不良が続くようなときには
自分たちで何とかできるスキルを身に着けてもらいたいなと思います。
 
それに関連して、食材のストックも少し見直しました。
 
ママが作るつもりでのストックしかしていないので、
夫や子供ではハードルが高い食材に偏ってしまっていたので、
「○○の素」的な食品もストックしておくことにしました。
 
これで、夫が一人で食事を用意するときでも
料理のハードルが下がります。
 
割と今は夫も息子も、家事を覚えることに意欲的なので、
この機に「練習」と称して色々覚えてもらって、
少しずつ毎日の家事をスライドさせて行けるとママとしても大助かり。
 
 
はっきり言って教えるのは面倒ですが、今後のために頑張りたいと思います。
 

まとめ 大事なのは意識改革

 
色々と、今後のために改革を行ってみましたが、
結局のところ大事だったのは、家族全員の意識改革でした。
 

家族の意識改革

 
家事はママがやるもの。
 
日常生活の中で、家族の意識がこうなってしまっている。
それがまず第一の問題で、これは早急に改革が必要です。
 
ママの仕事がどんなに忙しくても、ママの体調が悪くても、
「無理にやらなくていいよ」
とは言ってくれても、
 
「やっておくよ」
とは言ってくれない。
 
結局なんとか時間を作って、体調を押して、
やらなかった分の後始末もママがやることになるのです。
 
そうではなくて、ママができないなら自分たちでやる。
 
そもそもが、家事はママだけがやるものではなくて、
自分のできることは自分でやる。
 
手伝うのではなく、請け負う。
 
そういう意識に向けていかなければ、ママの負担は減りません。
大きなきっかけがなければ、
長年の意識はすぐに変えることはできないでしょうけれど、
毎日の中で少しずつ、変えていけたらなと思います。

 

ママの意識改革

 
家族の意識改革はもちろんですが、
ママの負担を減らすために一番障害となってるのは、
実はママ自身の意識なのではないかと思ったのです。
 
自分の体調が悪くて寝込んだ時、夫や義両親に何かを頼んで、
申し訳ない
と思ったことはないでしょうか?
 
申し訳ないとは思わずとも、家事をしないことに
何らかの罪悪感を感じたことはないでしょうか?
 
これだけズボラで手抜き大好きの私でさえ、
「今日も家事があまりできなかった」と感じていました。
 
もっと真面目でしっかりとした方であれば、なおさらじゃないでしょうか?
 
でも、この意識が曲者なんです。
 
家事をしなくて申し訳ないと思ってしまうのは、
「自分がやらなくてはいけないこと」と思っているからです。
無意識にでも、罪悪感が出るということは少なからずそういう意識があるということ。
 
だから、体調が悪くても無理してしまうし、溜まっていたら後からでもやってしまいます。
誰かに「やっておいてね」と言うこともなく、
溜まっていれば「やらなきゃ」と憂鬱になり、
「何で具合悪いのに。。。」と不満も溜まり、
イライラして爆発!なんてことにもなりかねません。
 
家事は家族みんなでやるもの。
 
それを私自身がしっかり意識して、
少しずつ罪悪感をなくしていくように考えを変えていっているところです。
 
長年染みついた意識はやっぱりすぐに変えるのは難しくて、
夫に頼むときに「ごめんね」と言ってしまったりしていますが、
ようやく「お願いね」「ありがとう」に置き換えれるようになってきました。
 
 
今年は私も、本職のスケジュールが立て込んでいて、できれば残業もしたいところ。
 
夫、子供、そして時々は義両親にも、少しずつ分担して
私は私で無理なく暮らせるように、変わっていきたいと思います。
 
 
家族がゆったりくつろぐ中、1人で頑張っているママ!
それがツラく感じているのなら、一緒に意識改革しませんか?
 
少なくとも体調を崩した時には、無理をしなくていいように。