ママぷろ!-ワーママのてんやわんや!

2児の母でプログラマのワーママが、夫を主夫にするため日々試行錯誤中!

【ワタクシゴト】続けるということの難しさ

こんにちわ、ナナコです!
 
 
しばらくブログの更新を中断していました。
 
日ごろから大したアクセスのないブログではありますが(哀)
その中でも見に来ていただけた読者の方、
通りすがりの方、更新していなくて申し訳ないです。
 
 
ようやく今日から更新を再開します。
 
 
というわけで今日は、
更新を中断していた理由やらなんやらについて
徒然してみたいと思います。
 
興味ないとか言わんでくださいな。
 
 
大した話ではありませんが、
ブログを書いていると割と思い当たるような、そんな話です。
 
 

ブログを書き続けるということの難しさ

 
 
ブログを中断していた理由としては、
 
 
とにかく多忙
 
 
が一番の原因です。
 
 
そんなん、だれでもそうだよ  
とか、
 
そんなん、理由にならんだろ  
とか、
 
おっしゃることは良く分かります。
 
 
キャパの問題とタイムスケジュールの失敗です。
 
 
ご存じの通り、
我が家には小学生と年中児がおり、
私もフルタイム勤務していて、
ブログ記事に割ける時間はそう多くありません。
 
 
まとまった時間が取れるのは
子供たちが寝た後と、
あとは仕事の昼休憩ぐらい。
 
なんですが、ここ最近は多忙すぎて昼休憩でも仕事をしている有様で、
家に帰ってからも怒涛のスケジュール過ぎて
子供が寝るころには疲労困憊。。。
 
 
ブログの良いところは、出先でもスマホでも
ちょこちょこと作業ができることですが、
残念ながら、私の脳みそはこの
「ちょこちょこ作業」に向いていないのです。。。
 
ちょこっとやろうと思うと、
前にやっていたことを見直すことから始めないとできない。
 
そうすると、見直しているうちに
「ちょこっとの時間」は過ぎてしまう。
 
ブログ画面を開いてはいるけれど、
記事は進まないという。
 
 
「時間のある時に」仕上げよう。
 
と思っている下書きの書きかけは大量に溜まれど、 肝心の公開記事は出来上がらないのです。
 
 
継続は難しい
 
 
開始一ヶ月にして身に沁みました。
 
 

「時間があるとき」という甘い罠

 
 
「時間があるとき」に仕上げよう。
 
これがそもそもの間違い。
 
「時間があるとき」なんてないんです!  

そしてさらに耳が痛い言葉も。
 
 

「時間を理由に行動しない人は、
   時間があってもやりません」

 
 
インターネットでふと目にしたコラムの1文です。
 
これ、ホントにそうだよなーと思います。
 
 
結局のところ、時間は作り出すしかないんです。
 
それを理由に「できない」と言っているうちは
結局できないんだなと思いました。
 
 

できるようにするための仕組みを作る

 
「時間がない」と言っていないで、
少しずつでも進めるために

  • 時間は自分で捻出する
  • スケジュールを決める
  • 無理はしない

この3つを決めました。
 
時間がないから、と言っていながら
だらだらネットしてしまったり、
今日はもういっか。。。
と予定よりできていないのに怠けてしまったり。
 
あとは、無理してやろうとして結局
調子を崩して余計にできなくなってしまったり。
 
 
継続するには、この辺りを改善しないと無理だと悟りました。
 
 
できないんじゃなくて、やらないだけ。
やれる仕組みができていないだけ。
 
 
ならば、できる仕組みを作り直そう。
 
 
そう考えて、しばらく更新を中断することにしたのです。
 

継続は難しい。だからどうするか

 
そもそもが、いまの体制では続けられないことが分かったので、
じゃあどうするかということ。
 
 
やったのはただ一つ。
夜に作業するのをあきらめる。
 
 
はっきり言って、夜の作業は非効率的にもほどがあります。
 
夜は眠い。
眠いんです!
 
しかも、ロングスリーパーなんですよ、私。
 
 
夜の作業は、ほぼ進まないと思った方が良いです。
 
なので、夜はリラックスタイム。
 
気が向いたら記事を書いてみる。
くらいのスタンスでいます。
 
 
かわりに、記事を書くのは朝と昼。
 
 
朝起きて、子供たちを起こす時間前。
あとは会社の昼休憩時間。
 
今は昼休憩には作業できていませんが、
なんとか休憩まで業務を持ち越さないように調整。
 
 
そして夜に作業をしないことで、就寝時間を前倒して
その分朝に時間を作る。
 
つい溜まっている仕事をしてしまっていた
休憩時間に集中して記事を書く。
 
 
この二つだけで、効率の悪い夜の作業以上の
スピードで記事を書き上げることができました。
 
 
あとは、
「初めから完璧を目指さない」
こと。
 
これは賛否両論があると思いますが、
特に情報系の記事を書く時、
 一つも間違いがあってはいけない。
 誤解のないように書かなければいけない。
 見やすいレイアウト。
 読みやすいテンポや言葉遣い。
 etc.etc.
全部を気にしていたら記事なんか一つも書きあがりません。
 
 
正確な情報を乗せるのは当たり前のことだけど、
気にしすぎて何も発信できない状態になっても仕方ない。
 
クオリティの低い記事は、リライトする。
 
最初はとにかく、間違いがないことだけに注力する。
 
 
 
大手のベテランさんたちの真似をしたって、
所詮土台とキャリアが違うんです。
 
自分の精一杯をやるしかない。
 
そう言い聞かせて、まずは継続することを目標にしました。
 
 
しばらくはお見苦しい記事も出てきてしまうかな、と思いますが、
今の精一杯を出しているつもりです。
 
現時点でがっかりさせてしまうことは申し訳ありませんが、
もっと成長できたときにまた来ていただければ嬉しいです。
 
 
好きなことを、続ける。
 
でもそれが難しい!
 

でも好きだから、継続して頑張りたいと思います!
 
 
 
長話にお付き合いくださり、ありがとうございました。
 
 
良い1日になりますように!